のぼりの生地の種類と特徴

by ,

のぼりの生地は一種類だけではありません。

予算やデザインによってのぼりの生地を選ぶことができます。

のぼりで使われる生地についてまとめていますのでのぼり選びの参考にしてください。

【使われる生地とその特徴】

のぼりで使われる生地には、化学繊維素材と綿素材があります。

化学繊維にはテトロンポンジ、テトロントロピカル、遮光スエードなどがあります。

綿素材には天竺木綿と金巾が主に使われます。

テトロンポンジは軽くてしわになりにくく、価格も安いので一番多く使われています。

テトロントロピカルはテトロンポンジよりも厚手になるので耐久性に優れています。

風が強い屋外で使う場合は、テトロントロピカルにした方が良いかもしれません。

遮光スエードは、スエード生地を貼り合わせ、その間に遮光材を挟んでいるので裏抜けせず、両面印刷可能なものです。

綿素材の天竺木綿は昔からのぼりで使われていた生地です。

神社で使われているのぼりや、和風のお店などのお店で使われているのぼりに多く使用されます。

金巾は天竺木綿よりも薄手になるので、屋内用ののぼりによく使われます。

【それぞれの生地に合うのぼりは】

生地によって合うのぼりがあります。

テトロンポンジは通常ののぼりをはじめミニのぼり、スウィングバナー、スタイリッシュのぼり、大型のぼりなど、テトロントロピカルは通常のぼり、スタイリッシュのぼり、大型のぼり、遮光スエードは両面のぼりに向いています。

天竺木綿、金巾は神社のぼり、綿のぼりに適しています。

作るのぼりに合わせて生地も選ぶようにしましょう。