オリジナルののぼりを選ぶなら

by ,

のぼりというと縦長の長方形が一般的ですが、オリジナルののぼりを作るなら思い切って違う形にしてみるのも良いものです。

変わった形ののぼりが立ててあると目に留まりやすいですし、宣伝効果、集客効果が上がります。

【大きさで選んでみよう】

オリジナルのぼりを作っている会社では、いろんな大きさののぼり制作を行っています。

標準的な大きさのものはもちろんのこと、通常の1.5倍の大きさのものや、カウンターやテーブル上に置くミニサイズのものまで注文を受け付けています。

用途に合ったのぼり制作を依頼してみましょう。

・「大きなのぼり」記事紹介:http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20180517001.htm

【形状で選んでみよう】

以前はのぼりというと縦長の長方形のみでしたが、今ではスウィングバナーやパピヨンバナーといった変わった形ののぼりも制作しています。

このような変わった形ののぼりでも激安価格でオーダーできるようになったので、ぜひ取り入れてみてください。

【こだわりののぼりを作りたい】

自分のお店に置くのぼりだからこだわりのものを作りたいと考えている人もいるでしょう。

オリジナルのぼり制作会社では、両面プリントした両面のぼりやスタイリッシュのぼりの制作も行っています。

両面のぼりは両面印刷が可能な遮光素材を使ったもので、表裏にそれぞれ別の文言を印刷したのぼりを作ることができます。

スタイリッシュのぼりはチチテープを使ったものではなく、棒袋加工してデザインの邪魔にならないものです。

このように、希望に応じていろんなのぼりを作ることができるので、まずはのぼり制作会社に相談してみると良いでしょう。